「おまとめローン」と「配偶者貸付」のどちらがお得?

通常の銀行や消費者金融のローンというのは、年収に応じて一定の限度額までしか借りることができず、概してそうした限度額はかなり少ないものといえます。特に、消費者金融系の業者でローンを組むとなった場合、貸金業法という法律の規定によって、総量規制の適用があります。総量規制というのは、年収の3分の1を超過するような貸し付けを貸金業者に対して禁止する法律の規定であって、基本的には多重債務によって家庭が崩壊してしまうような事例を防ぐことを目的とするものです。
しかし、そうはいってもお金が必要な人にとってみれば、そうした総量規制や限度額の縛りというのはあまり歓迎ではないものであるのはたしかです。このような場合、限度額の枠組みを増やすための方法として、おまとめローンを使う方法と、配偶者貸付を使う方法が考えられます。もっとも、どちらが有利というものではなく、状況に合わせた使い分けを考えるのが得策といえます。
配偶者貸付は、本人と配偶者の年収をトータルで見て融資枠を決める方法であり、夫婦が別々に借りるよりも、配偶者貸付のほうが、はるかに大きな限度額でローンを組むことが可能です。したがって、通常ならば収入がなくて審査が通らない専業主婦がローンを組む場合などには、この配偶者貸付が有効ですが、そもそも配偶者がいなければこの方法は使えません。
いっぽう、おまとめローンは、複数の業者からのローンを一本化して低利に借り換えるという方法です。おまとめローンの場合も、総量規制の適用外として、大きな限度額を手にすることが可能です。ただし、おまとめローンはすでに複数の業者から借入があることが条件であり、この点は配偶者貸付と異なっています。
おまとめローンDX - 低金利おまとめローンおすすめポイントと選び方はこちら